千葉のセフレは最後にさよならを言っていた

千葉のセフレ者のためにボランティアを連れて施設を去り、子供たちと別れた。

障がい者にとっては軽い仕事でしたが、最後にさよならを言って「やめないで」と叫びました

千葉のセフレの前を通り過ぎたら?店頭の花が目立ちます。

「お立ち寄りください」と言っていただきたいのですが、お店に行って花を並べてみませんか?気持ちが楽になりました(^ー^)

癒されました(^-^)
花を切って、「買って家に帰ったら?」
「はい、申し訳ありません。花瓶はありません。」

鉢植えの花「毎日部屋で千葉のセフレ?」

「私を死にさせたら、ごめんなさい。」

それは言葉ではない会話のようでした。

花屋が転職を考えていますか?思った日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です